2015年12月29日

午後ハンターマウンテン

今シーズンも午後からハンターマウンテン塩原へ。
今季は元旦を外して久しぶりに12月中の滑走。
暖冬で積雪は40cmでコースの左半分は閉鎖とのことだが、
元旦に向けてさらに気温が上がる予報のため延ばしても期待できない。

毎年のとおり友人K氏の車で9時頃出発し、
元旦は閉まっていた那須の「そばハ」で山菜ざるそばを食べる。
北海道幌加内のそばを使用しているようで、コシがありとても美味しかった。

そば八_山菜ざる大盛り.jpg
山菜ざるそば大盛り


ハンターマウンテンの駐車場は予想外にもかなりの車の数。
例年元旦に滑っているため年末がここまで混むとは思わなかった。

ゲレンデも人だらけでゴンドラ乗り場も混雑している。
最上部からの滑走はアイスバーンで、今となってはまともに滑れず、
というか転んでばかりいた。
(確実に下手くそになっている)
ただ、天気は安定しており、最上部からの景色はとても良かった。

山頂より.jpg
良い眺め

帰りも年末の帰省ラッシュもなくスムーズであった。
(最近は助手席で寝ることもなくなった!?)
posted by take at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

いまや年1回の滑走をハンタマで

毎年恒例?の元旦滑走に、
昨年に引き続きハンターマウンテンへ。

9:30に出発し、午後から4時間(実際は2時間)の滑走。
2002年の滑り始めた頃から暫くは、前日夜間出発して車中泊し
翌日朝から1日滑っていた(宿泊時はナイターも!)ものが、
10年以上経ったいまはこうなってしまっている。
(ドライバーの負担軽減も!?)

なんとなく、滑らないと1年が始まらない感じで続けている。

この日は元旦(昨年は2日)だったこともありゲレンデはガラガラ、
待ち時間がないので2時間滑って十分満喫できてしまった。

ハンタマ_リフト.jpg
リフト待ちなし

ハンタマは積雪さえあれば近くて広くて優良なゲレンデである。
なにより、春秋走りが楽しい日塩もみじラインにあるのがいいね。


滑る前は昼食に温泉街の蕎麦屋へ。
ざるとろろそば大盛りはさすがに美味かった。

ざるとろろ&山菜そば.jpg
ざるとろろそば(向こうはK氏の山菜そば)

月極め駐車場?.jpg
専用Pか!?


とてものんびりした初滑り(これで終了)であった。



posted by take at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

猪苗代スキー場(2/5)

今シーズン最初で最後のゲレンデとして、猪苗代スキー場へ。
ここのところシーズン1、2回ペースとなっている。
始めたばかりの10年前はシーズン10回近く行っていたのに。。

さて、磐越道よりIC近く、自宅から約3時間ほどで到着。
夜間出発するまでもなくアクセスも抜群。
圏央道ができるまでは東北道が楽ちんである。(私が運転するわけではないが)

麓は曇り、ゲレンデ上部は粉雪と抜群のコンディションで5時間ほどたっぷり
満喫した。
昼食後の昼寝も定番、もう昔のペースでは滑らない。
これが丁度よいのである。


猪苗代.JPG
ほどよいレイアウト

お疲れ.JPG
お疲れです
posted by take at 22:38| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

白馬五竜&47

今シーズン2度目(最後)の滑走に、6年ぶりに白馬方面の
ゲレンデに行った。

前日夜間に出発、長野IC手間の松代PAで就寝、
この日の気温はここで9℃、翌朝も2℃と快適に眠ることができた。
(K氏のいびきには何度か起こされたが…)

しかし前日の高温(20℃超)の影響か朝から雨、
なんとゲレンデ駐車場でも路面に雪ひとつなく結構な雨量で
コンディションがかなり心配。。

ここのゲレンデは最上部で五竜と47を行き来できる。
この日は五竜から入り、午前中は47を午後は五竜を満喫した。
ゲレンデでも気温が4℃、時間帯によっては土砂降りになるも、
多少重みは感じたが広大なゲレンデを満喫できた。

朝7時30分から滑った為午後2時過ぎに撤収、
行きも帰りもほぼ4時間、凍結、渋滞など一切無く順調な行程で
あった。

昨年の1度きりだった為、今年2度も滑ったという実感はあるが、
ピーク時は延べ日数10日ほど行ったシーズンもあるので
大分減ってはいるが毎年継続したい趣味である。

圏央道の開通が待ち遠しいところだ。
posted by take at 22:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

谷川岳天神平

この冬初のゲレンデに初めての地である谷川岳天神平に行った。

ここは水上ICから20分程と極めて近いゲレンデということで、
いつもの前日夜出発をせず、早朝5時に自宅を出発。
途中休憩を入れても8時過ぎに到着。

駐車場はなんとショッピングモールのような階層型で
風や雪に晒されること無く快適に着替えることができる。
もっともこの日は頂上も快晴で暖かかったが。

ロープウェーで麓まで登り動いているリフトは3基のみ。
コースも5,6本と少ないが、ETC割適用外もあってか
この日は客がおらず朝からノンストップで滑りまくる。
天気が良く頂上からの見晴らしが最高。
1年ぶりのゲレンデを満喫した。

天神平K.JPG
頂上より
posted by take at 23:32| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

アルツ磐梯(2009年1月11日)

2009年初滑りとして、2005年の元旦以来のアルツ磐梯に
行った。

今年は例年の元旦滑走ができなかったためこれが初滑り。

自宅からのアクセスも考慮し、東北道から行けるBIGゲレンデ
としてアルツ磐梯を選択

いつものように前日夜間出発。この日は休日出勤で正月休み明け
から6連勤でかなり疲れていたが、楽しければよい。

鏡石SAで就寝。ここは24時間OPENのコンビニがある。
予想通りかなり寒く、防寒したものの何度も目が覚めてしまった。

よく朝、ゲレンデに向かう途中、登りで後輪にチェーンを巻いた
FR車がスピンして道を塞いでいた。FFスタッドレスでも空転
してしまうほど凍りまくってした。

ゲレンデのふもとでー7℃。
ただ、上に登ると意外と暖かく天気も晴れ。
雪室も良く広いゲレンデを約5時間タップリ滑走した。

14時30分と早めに家路に向かい、地元に18時前に到着。
楽しく時間を有効に使えた一日であった。


F1000062.JPG
いい天気!
posted by take at 10:09| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

安比高原(2008.1.1)

毎年恒例元旦ゲレンデ。
2004年のARAIから5年間継続している。

今年は、例年より足を伸ばして東北最大ゲレンデの安比高原へ。

大晦日は日本列島が寒波に覆われ、東北道も福島辺りからユキ、
岩手に入り北上江釣子IC以北が閉鎖、強制的に下道で盛岡市内を
抜け、道の駅にしねにて車中泊。

車中で年越し、翌朝は雪もやみよい天気。
通行止めが解除されたので、松尾八幡平ICまで東北道を利用する。

東北道.JPG
通行止め明けの東北道

来ました、2003年以来の安比高原。

前日までの降雪と当日も断続的に降り続いたためユキ質は極上。
特に西森ゲレンデはこの日2番手の滑走。
ほぼ100%さらさらパウダー(アスピリンスノー)で
初めてのARAIと1,2を争うくらい心地よく滑ることができた。

安比ベストショット.jpg
華麗!?

相変わらずだだっ広く1日では満喫しきれないっ。
コースや景色を懐かしみながら両足の太ももがパンパンになるくらい
のロングコースが続く。

安比ゲレンデよりホテル安比グランド.JPG
ホテル安比グランドを見下ろす

自宅までの距離を考慮し、14時過ぎにあがることにする。

東北道の通行止めの規制は全面解除、駐車場を出る頃には天気も
晴れになり、ますます今年は縁起が良い。

東北道に乗ると、古川辺りで天気が急変し大雪に。
なんとか抜けてしばらくしたら通行止めとの情報が!!
ゲレンデを出るのがあと少し遅れてたら途中で降ろされてたかも。
我ながらナイス判断であった!!

年度を跨いだ2日間で流れの良し悪しがハッキリ分かれた。
今年は良い1年になるのかな〜と解釈しております。
posted by take at 20:15| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

裏磐梯猫魔(2007年2月11日)

今シーズン2度目のゲレンデに福島の裏磐梯猫魔へ。

・寒い夜
今回もICを降りて近くの公園の駐車場にて車内泊。
前回同様寝袋1枚で強引に眠りについたのだが、
あまりに寒くてまともに眠れず。

・ゲレンデ
2月3連休の真ん中ということで予想通りの大混雑だったが、
前日からの降雪と猫魔特有のミクロファインースノーにより、
抜群の雪質を堪能することができた。
久々にエッジを利かせての滑走を満喫、
昼食後の昼寝を挟んでも十分に滑りまくった。

・渋滞とスピン
ゲレンデの混雑からある程度の渋滞は予想していた。
自宅へ出発し数十分後、徐々に渋滞していく。
とある緩いのぼり坂で停車した時のこと。
2つ前の車がスピン。
それを避けようと発進した時我々の車もスリップ!
踏んでも全く進まない。ハンドルも取られる。
困ってしまったその時、普段助手席で熟睡中の私が外で
車を軽く押したところ無事動いた。
スリップしていた車も、その後ろの車から出てきた3人が
押すことで発進できた。
素晴らしい車社会の助け合いの光景であった。
ただ、ICまで2時間30分は参った。。

・なめ猫
猫魔ゲレンデの売店で懐かしいものを発見。
幼稚園時代に流行ったなめ猫ステッカーである。
思わず購入。
しかしこの免許証、実物そっくり。

なめ猫免許証1.JPG
懐かしい

posted by take at 22:17| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

シャルマン火打(2007年1月2日)

2007年度初滑りは北陸のシャルマン火打だ。

ここはゲレンデ中滑走可能ということで前から視野にいれていたが、
ARAIが閉鎖された今こそ、ということではるばる片道約350`
足を伸ばすことになった。

今年は深刻な雪不足で、年末にやっと130cm、まともに滑れるか
不安を抱えながら出発。

○1月1日
・12:00
友人が迎えに来る。
・14:30
横川SAで昼食。
・16:30
上越で高速を降り、初詣も兼ねて浄興寺を散策。
・18;00
複合娯楽施設にて時間を潰す。
意外と楽しく、数年ぶりにカラオケ。
全く気を使う必要がないので、目に付いた曲をガンガン選曲し、時を忘れる。
・20;00
敷地内の焼肉屋で夕食、これがマズイ・・・安○亭の下をいく・・・。
北陸に来たのになぜ隣にあった寿司屋に行かなかったのかと後悔する。
・22:00
日本海沿いをひた走り、本日の寝床である能生の道の駅に到着。
しばし周りを散歩、風もなくさほど寒さも感じない。
・23:00
車内で寝袋に包まり就寝。
(意外な暖かさのため結構快眠)

寝床1.JPG
準備万全

○1月2日
・7:00
起床、しばし散歩、鳥がやたらと多い。
・8:00
シャルマン火打到着。
ある程度は予想していたが、半分以上のコースがクローズされていた。
しかもそのほとんどが自然滑走エリアのため、シャルマン名物が堪能
できないということだ。
ここは頂上直通のリフト1基と、その他2基の計3期。
頂上まで上れば、どのルートも網羅でき下まで行けるので、
直通リフトのみで全エリアを滑れるレイアウトのため、
短時間でかなり満喫できる。
実際、限られたコースだけでも十分楽しむことが出来た。
なおさら自然滑走エリアのパウダーを満喫できなかったことが残念。
雪不足と行き混じりの雨のため、雪質は重め。
しかも、雨でびしょびしょになり昼過ぎから土砂降りになったため、
ここで引き上げる。
異例の気温の高さのためだ。(ゲレンデ駐車場で4℃くらい)
・15:30
ゲレンデ近くの温泉にて体をほぐす。
マッサージチェアもやる。
・16:30
北陸自動車道に乗る。
・18:00
東部湯の丸SAで休憩
・19:00
関越渋滞のため北関東自動車道伊勢崎ICで降りる。
・21:00
地元馬車道で夕食。
・22:00
帰宅。

今回で正月スノボは5年目だが、例年と2点ほど違っていた。

☆スノボの比重が低かった!
悪い意味ではなくて、今回は昼から出発し寺を観光、娯楽施設で遊び、
日本海ドライブとスノボ以外も取り入れ時間にゆとりがあったということ。
(例年は夜出発しSAかPAで車中泊、朝から滑って帰るのみ、
よってドライバーはクタクタ)

★俺が寝なかった!!
これは奇跡に近い出来事である。
昼間出発だったため行きは分かるが、適度に疲れた体を温泉で癒した
帰りに寝なかったのは驚きである。
去年まではなかったとある話題で盛り上がったからか、たまたまなのか
不明だがドライバーには貢献したかな?






posted by take at 17:43| 埼玉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

あらい〜(>_<)

新井マネージメント(株)が、ARAI MOUNTAIN&SPAの
営業を停止し会社を解散するそうだ。。
http://www.araimt.com/

ARAIは過去4度滑っていて、直近のゲレンデもARAIだ。
思えば、ここで天然ゲレンデの楽しさを覚え、フリー滑走への追求に
目覚めたものだ。
ある程度経験を積んで昨年チャレンジしたが、まだまだ滑りきれて
いないため今後も行きたいと思っていたのに。。

他の会社が営業権を買ってくれることを祈り、
シャルマン火打も視野にいれようかな。
posted by take at 23:08| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

ARAI(2月18日)

今回は今シーズン初の上信越方面、2シーズンぶりに
ARAI MOUNTAIN&SPAが舞台だ。

前日夜間出発、雪の降りしきる妙高PAで寝袋2重にしてなんとか睡眠。

さて、ARAIといえば気象条件付きコース!
山全体がコースのようなもので、エリア内ならどこでも滑走可能だ。

今年の大雪のおかげもあって、この日はほぼ全コース解禁状態で天気も晴れ。
前日には降雪もあったらしく、コンディション抜群だ。

頂上につくとどこから滑り始めるか迷うくらいだ。

幅がだだっ広い船石沢は雪がやわらかく気持ちが良く、エキサイトは途中から雪が重く
最もてこずったコースで、小マムシは最後の下山の途中で意図的に突っ込み、
非圧雪の天然コースを満喫した。

この日は半分以上は滑ったというより「なんとか降りた」という状態だった。
ここのゲレンデをサクサク滑走できる日がくるのだろうか?

ここまでくるとこれ以上の実力アップは難しいと毎回感じてしまうが、
またチャレンジしたいところだ。

船石沢3.JPG
船石沢中腹より


posted by take at 22:02| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

雫石(1月27〜28日)

☆今年は雫石

泊まりで大型ゲレンデに行くのが毎年恒例になっているが、今年は岩手の雫石に決定。

2004年のことだが、2泊3日で北海道のニセコに行った。
ついにスキー・スノボで北海道デビューを飾ったが、大型寒波の影響で2日目は
まともに滑れず、3日に至っては交通機関が心配されるということで滑るはおろか
朝一で新千歳空港に向かった。
結局、飛行機は飛ばず、電車を乗り継いで翌日の夕方に家路に着いたという
とても貴重な(二度としたくない)2泊4日の経験をしたという思い出がある。

☆1月27日

交通手段は「はやて」。
新幹線は前述の北海道からの帰り以来だった。
盛岡まで早いこと約2時間半、快適である。

昼ごろに雫石に到着。夕方までファンスキーでひたすら滑る。

<コース>
東北でも有数のゲレンデで広さは抜群、なにより上部から滑ると5`にもなる
ロングコースという印象。メンズダウンヒルをはじめ、滑り応えのあるコースが多かった。
レディースダウンヒルというメインコースは閉鎖されていたため明日に期待。
とりあえずひととおりのコースを満喫しておく。

<天候>
一部強風が吹き荒れ寒かったが、全体的には安定していたほうだ。

<雪質>
若干硬い部分もあったが、気にならない程度だった。

ナイターから友人のボードを拝借し、ひとり滑りまくる。
ナイターコースとはいえ結構斜度がきつく、スノボ初心者の私にはきつかったけど
面白かった。
一日に2種目やるのもなかなかよい。同じコースでもスキーとスノボでは全く違うし、
趣味が増えてお得な気分。

☆1月28日

2日目はレディースダウンヒルがオープン、朝から2本連続で滑る。
ここはかなりのロングコースで滑り応え抜群、メインコースらしく中上級者が
わんさか集まってきた。足がパンパンです。

この日は風もなく、前夜からの降雪とうす晴れでコンディションも抜群だった。
上部の非圧雪コースはほどよいパウダースノーで快適に滑ることが出来た。

ところで、昼食でゲレンデ内の中華料理「獅子」食べた五目焼きそばが
味も量も絶品だったぴかぴか(新しい)
とっても得した気分でした。

今回の雫石もそうだが、東北地方にはいいゲレンデが多い。
2003年に行った安比も含めてまた行きたいです。
posted by take at 22:21| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

アルツ磐梯(2006年1月1日)

毎年恒例の元旦滑りで、今年は福島のアルツ磐梯に行ってきた。

今年の新潟方面は例年にない大雪だったため、自宅から行きやすい東北方面の
日帰りコースでは最大のゲレンデということでアルツに行くことになった。

今回は早朝出発プラン。上信越方面など長距離を要する時は、前日夜中に出発し
ゲレンデ近場のS.Aで車中寝袋を被り夜を明かすこともある(これが結構楽しい)。
毎回大人2人寝ることの出来る友人の車で連れて行ってもらう。
ちなみに私の車はMTのセダンのため、滑りに行く時は需要がない。
常に助手席でうたた寝、楽チンなのである。

さて、ゲレンデはというと、だだっ広いせいか奥地の猫魔ポールまで行けばがらがらで
滑り放題だし、なにより天候がとても良く快適に滑ることが出来た。
全体的に好印象のゲレンデで、今年は初滑りから上場のすべりだし。

ただ、翌日から年末患ったウイルス性胃腸炎がぶりかえし苦しむことになるが。。。
posted by take at 00:00| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー・スノボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする