2016年10月12日

秋の志賀草津道路ドライビング

先日の北東北の消化不良と、折角の紅葉時期の平日を利用すべく、
5月以来の志賀草津道路ドライビングに出掛けた。
朝から天気が良く、草津の気温は15℃前後と走るのに適したコンディションである。


8時に出発し、東北道→北関東道→関越道と繋ぎ、
初めて渋皮伊香保IC手前の駒寄PAのETC出口で降りてみた。
そのままR353の下を併走する県道を西に走るが、大型車両のノロノロ運転で
なかなか進まない。途中でナビが示した渋滞迂回路に入る。

比較的新しいと思われる県道375は意外にも穴場的快走ルート。
吾妻渓谷に併走するため景色も良く交通量も皆無である。
10分程走ると道の駅「ハツ場ふるさと館」にぶつかり県道に合流する。

R292に入ると11時過ぎに道の駅「草津運動茶屋公園」に到着。
早めの昼食に、カレー蕎麦を食べる。

道の駅のカレーそば.JPG
シンプルだがなかなか旨い


そして半年振りの志賀草津道路へ。森林の中を抜け、視界が開けて山岳道路が広がる。
さすが平日、白根山付近から前が空き、しばしVTECを轟かせながら
ワインディングを堪能する。
途中、山田峠付近に駐車スペースがあり、車外に出て景色を眺める。

R292_山田峠より天空道.JPG
天空へ!

掲載用_R292_山田峠よりユーロR_S.jpg
緑をバックに


高度を上げてもまだ緑が広がり、紅葉はまだのようだ。
もう10月も中旬になるのに今年は遅いのかな?

R292_高度を上げていく.JPG
アップダウンしながら高度を上げていく


渋峠を越えてもほぼ緑。期待した真っ赤なパノラマビューは見れないが、
何より天気が良くて涼しくエンジンが元気である。

志賀方面まで走り抜けようか迷ったが、少し歩きたくなり途中で引き返して木戸池へ。

木戸池温泉ホテルp.JPG
木戸池


秋の空気を味わいながら、のんびり湖畔を1周した。

木戸池2.JPG
静かな湖畔


少し登って田ノ原湿原を眺めた。(眺めただけ)

田ノ原湿原.JPG
田ノ原湿原(紅葉してれば歩いたかな)


木戸池を後にし、改めて渋峠を越えて先にあるスペースに停めてしばし景色を眺める。

R292_渋峠付近カーブを見下ろす.jpg
カーブを描く


道の駅「草津運動茶屋公園」で休憩し、まだまだ明るいので、嬬恋パノラマラインへ。
名前のとおりキャベツ畑が広がり交通量は皆無である。
軽井沢側から登る方が景色も走りも楽しめるそうだ。

まだ万座ハイウェイでも走りたかったが、明日から札幌ということもあり帰路に就くことにした。
往路と同様に道の駅「八ツ場ふるさと館」から県道375に入る。
相変わらずの快走路で、途中トンネル内ではVTEC作動中にもかかわらず
バイクにぶち抜かれる場面も。

渋川伊香保ICからは北関東道経由で渋滞もなく帰宅した。


☆総評☆
この上ない気候で天気も良く気持ちよく走ることができた。
紅葉が拝めなかったのが残念だが、
11〜12月にもう1度くらいどこかに走りに行きたいものだ。

※走行距離:450km
posted by take at 22:58| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絶景だね😉
Posted by どんぐり at 2016年10月25日 08:00
こちらは渋峠閉鎖前にまた行きたいくらいだ。
Posted by take at 2016年10月25日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック