2015年11月30日

カレー(ペルソナ、GARAKU、共栄堂)

11月に入って涼しくなってきたということで、
カレーを食べに街に繰り出した。
カレーといえば神保町、スープカレーなら札幌と、
馴染みの街で美味しいカレーを味わえる。
2年前に神保町1,2を争う有名店「ボンディ」で味わって以来、
あちこちでカレーの食べ比べをしている。

おいしいカレーの店.jpg
店舗選定のお伴



・ペルソナ(神保町) 2015/11

激戦区の神保町で「ボンディ」の流れをくむ欧風カレーのペルソナ。
「共栄堂」のある通りから少し奥まったところにある建物の2階へ。

ペルソナ.jpg
ペルソナ

店内は昭和の喫茶店のような雰囲気で、開店直後で2番目の客だったようだ。
ビーフカレーを注文すると、1分足らずの速効配膳。
定番のじゃがいもが2つ付く。

ルーは甘みの後に辛さが程良く広がり、ビーフはとろけるくらいに柔らかい。
確かに全体的に「ボンディ」と酷似しており、安定して美味い。


ペルソナ_ビーフカレー.jpg
ビーフカレー(¥1,200)



・GARAKU(八王子) 2015/11

「GARAKU」は札幌の有名店で、内地では八王子に出店しているとのこと。
仕事の帰りに夕食として八王子へ。
八王子から歩くこと10分、こじんまりとした店内のカウンターに案内される。

GARAKU.jpg
GARAKU


ベジタブル満載に角煮をトッピングしたものをオーダー。
スープは独特の味付けで深みがあり美味しい。
「lavi」とはまた違った味わいを楽しめる。
具も野菜満載で角煮もマッチし味も量も満足であった。

GARAKU_ベジタブル(角煮トッピング).jpg
野菜15品目大地の恵(角煮トッピング)(¥1,300)


本店は、札幌の大通とすすきのの間にあり、
他にも稚内や沖縄にも店舗があるようだ。



・スマトラカレー共栄堂(神保町) 2015/12

三省堂書店向かいに看板が出ており、地下にあるお店へ。

共栄堂.jpg
看板

1924年創業の老舗中の老舗。
明治の末、広く東南アジアに遊び知見を広めた伊藤友治郎氏より、
スマトラ島のカレーの作り方を教わり、日本人の口に合う様アレンジしたのが
共栄堂のカレーとのこと。

11:30頃入店し空いているものの昼食混雑時の相席をお願いされる。
ポークカレーのソース大盛りをオーダーする。
ここはライスに対してルーが少ないようで事前に調査していた。


共栄堂_ポークカレーソース大盛り.jpg
ポークカレーのソース大盛り(¥1,150)


ボンディ、ペルソナのような甘みはなく、どちらかというと酸味と苦みが効いて
大人の味付けという感じ。
辛さの選択はできないが、普通の中辛程度でちょうど良い。
ソース大盛りにしても若干ライスが余り気味であった。
好き好きあるかと思われるが、12時頃にはほぼ満席、自席も相席状態であった。


これからもカレーの季節は続く…。

posted by take at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古書店巡りついでにペルソナにいってみよう。
値段は高いね😳
Posted by どんぐり at 2015年12月12日 22:32
お、都内に行くなんて珍しいね。
Posted by 昨日北でスープカレーZora at 2015年12月13日 08:24
行ったら…もう、今年はないなぁ〜。
Posted by どんぐり at 2015年12月13日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック