2015年09月06日

太平洋フェリーの謎

今年も10月連休前に長期休暇を取得し、フェリーにてユーロR持込みで渡道予定だ。

今回で、観光で車両持込みで太平洋フェリーを利用した渡道は3回目になる。
(札幌引っ越しによる往復は除く)

・2011年9月(ジムニー)
往路:きそ
復路:きたかみ
・2014年10月(アコードユーロR)
往路:新いしかり
復路:きたかみ
・2015年10月(アコードユーロR)※予定
往路:きそ
復路:きたかみ

復路は毎回「きたかみ」である。
往路は土曜日乗船、復路は翌週金曜日乗船のため、
苫小牧からの乗船スケジュールが固定なのだろうか。

そしてなぜか他の2船に比べて料金が1番高い。
(web割1等洋室車両1台:¥30,700。他の2船は¥28,700)

「きたかみ」は船体や内装が最も古く、同じ1等でも他の2船はビジネスホテルと同等だが、
「きたかみ」は冷蔵庫がなく古臭い2段ベットのうえ、なんとドアの下部が空いており、
廊下の光と騒音が容赦なく入ってくる。
毎回、バッグや備品で塞いで凌いでいる。
2011年の初乗船時には、極度の船酔いに冒される始末。。

年式も古そうだし、維持費の関係なのかな?


posted by take at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不思議だね。
料金表では、きたかみは安いのにね。
Web割とドライバー差額の絡みかね?

片道3万とは豪勢ね。1等洋室…未知の世界だ。

Posted by どんぐり(2等雑魚寝専門) at 2015年09月09日 07:38
おっと、料金表見たら1等だけ2グレードあって、きたかみには下(1等インサイド)がないから比較できないのね。(同等ならきたかみが安い)
それにしても、1等上のくせに合宿所のような安部屋だ。
因みに、元同僚S氏がシルバーウィークにフェリーで初渡道するよ。
Posted by take(雑魚寝不可) at 2015年09月09日 12:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425249196

この記事へのトラックバック